スムーズに作成

必要に応じてスムーズに作成する

社員証を大量作成する必要がある場合、業者に発注するのが主流となっています。しかし、社員の数と言うのはその都度入れ替わりによって変動するものです。減る事もあれば増える事もあり、その管理をカードとともに行わなくてはなりません。社員証に使うカードを1枚からでも生産できる体制を整えておけば、どのような人事の変化があってもスムーズに対応出来るようになります。その上、業者に依頼せず自分で機器を購入して行うのでコストが大幅に減らせます。現在では、インクジェットプリンタで手早く済ませられるので、一度その仕上がりを体験してみて下さい。快適なだけでなく品質も良く、ネームカードとしてピッタリな印刷紙も売られています。

自分達だけで社員証を作る場合の平均単価

社内や自宅で社員証を作るなら、とにかく手軽でお金の掛からない方法を選びたい所です。そこで選びたいのが、カラープリンターを用いた作成方法です。プリンターに専用の用紙を差し込んで後は印刷するだけで済みます。この場合、基本的に掛かる料金は用紙代とインク代になります。インクは通常のインクでOKですので流用しますから、社員証専用のカードタイプの用紙を購入しなくてはなりません。これが10枚分入ったものが1,300円くらいで売られていますから、単価130円になります。インク代を合わせて150円しないくらいで手軽に作れてしまいます。ただ、デザインやその配置はしっかり自分達で考えなければならないので、その点だけ注意しておきましょう。